読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遅刻しても欠席しないほうがいい

個別指導の学習塾は個別指導だからその子一人一人にあわせたカリキュラムでまあまともなところなら固定の先生がついてくれる。だからまあシステム上は欠席しても振り替えがきくんだけど、個人的にはあまりオススメしない。
遅刻しても授業には顔を出すことをおすすめしている。なぜか。。


手を抜かれる可能性が高くなるから、欠席になることが多いと講師はあることの手を抜き始める。
それは授業そのものではなくて、なにをかくそう授業の準備だ。親の立場からすれば高いお金を払って塾によこしているのだから手をぬかれたらたまったもんじゃないだろう。だけど欠席の多い生徒の授業準備は手を抜かれやすいのが現実。だって来るか来ないかもわからないんだから。一応授業ができるようにはしておいてあとは本人が来たら決めるのが普通だ。そうならないためにも授業には必ずくるやつ
って思わせたほうがお得だ

次回は、バカすぎる子供は塾にいかせないほうがいいお話をしますね。