小学校一年生の塾選び。

すこし申し訳ない話になるんだけどこれから小学校に上がる子の為にも真実をさらしておこうと思う。小学校一年生になればだれもが本格的に、お勉強に向き合うことになる。そのなかでもちろん塾に行かせて少しでも学校の勉強に遅れないようにしたいと思うのはまあ当然だろう。だけど大手の個別指導はあまりオススメしない。いや、まじでちゃんと理由があるから聞いてほしい。
まずまず小学校一年生で習うことはなんだろうか?算数の数字の数えかたと、もうひとつはひらがなと、漢字だ。主に覚えなきゃいけないことはその二つだ。。で、算数の方は基本的に問題ない。リンゴが3こバナナが2こ、合わせて5個が教えられない講師はいない。普通の日本人の成人ならばおしえられる内容だ。

だけど問題は後者、漢字と平仮名だ。
なあんだ、小学校一年生の漢字なんて簡単だから教えられる?っておもうかもしれないが、基本的に塾の講師は習字の師範ではない。

何が言いたいかと言うと、これ中の人も見落しがちなんだけど、講師によって字の精度はまちまちなのだ。

普通に考えたら当たり前なのだが大手の、特に受験生を中心とする層の通う塾の先生は、児童にひらがなの書き方を教えるようにはできていない。そもそも採用試験にも平仮名や漢字の正しい書き方はでてこない。なかには、俺みたいなとんでもなく字の下手だけど勉強は教えられるやつも山ほどいる。だからまじで小学校一年生の子を塾にやるなら、幼児向けの公文とか、七田みたいな教室にやるほうが有益だ。。おやすみ新ユリの町