読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ものを書くのに適した言語

題名の通りです。ものを書くのに適した言語、英語と日本語だとどちらがものを書くのに適しているのだろうか。ある程度しっかりつかえるようになってしまえば断然英語のほうが適しているように感じるなあ。ていうのもまず、私達一般人は文学者ではないので、ものを書く機会といえば、報告書とか学校の作文とか論文とかレポートくらいだ。
これらのものを書くのに一番求められるのは自分の主張をすることか、事実を簡潔にまとめることだよねー
日本語は細かな情景を表現するのにはてきしてるけど、自己主張をしたり簡潔にまとめたりするにはまあまあな欠陥言語だろうね、あいまいすぎるんだよ、表現の細かいバリエーションがありすぎるんだよ、なんでもっとシンプルにまとめられないかね、文法を笑笑
主語がないし、なくても通じるけどなんかたまに通じないし。だから昨日だかオトトイモ書いたかもだけど日本語の作文より英語の作文のほうがべんきょうなるんじゃねーかな。
まあ、母国語を大切にするのもだいじだけど、どうせそんなに英語やるなら国語も英語にしようぜ~☺☺